CDレビュー: Sonny Rollins – Way Out West(1957)

★★★★★

ジャズの100枚。シリーズの25枚目です。

Sonny Rollins – Saxophone Colossus(1956) – 六帖のかたすみ

に引き続き2回目の登場。あれ、音が全然違うぞ。。?全体を通して柔らかくて気持ちの落ちつく演奏が続きます。燃える曲はありませんが、疲れたときに聴くと精神が大いに安定しそうです。今後お世話になるかもしれません。

 

2曲目Solitudeがいいですね。右側から流れるベースも神業です。

www.youtube.com

 

 

ジャズの他のCDレビューはこちらです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です