公衆トイレ論文は信用ならない

トランス活動家が証拠として示す公衆トイレ論文を読んでみたところ、信頼できないことがわかりました。

 

あちこちで使われる「ソース」

トランス活動家に、性自認に沿ったトイレや更衣室を使える法制度ができても、性犯罪の発生率が変わらないというデータを示されたことがあります。

遠藤まめたさんの記事にも言及があります。

しかし、アメリカの大学UCLAの研究所によって2018年に行われた初の大規模研究によれば、性自認に沿ったトイレや更衣室を使える法制度を持つ都市とそうでない都市での性犯罪の発生率は変わらなかったとのことです。

「性自認に沿ったトイレや更衣室を使える法制度を持つ都市とそうでない都市での性犯罪の発生率が変わらなかった」という調査ではありません。実際、犯罪率は異なると論文には書いてあります。この論文は「法制度を持つ都市の法制度制定前後での犯罪率の比較」なので、ソースを紹介した遠藤さんがソースを読んでいないことは明らかです。リンク先も論文ではなくて論文の紹介記事ですね。紹介記事にも「性犯罪の発生率が変わらない」なんて書いてないですね。

元論文はこちらです。以下「公衆トイレ論文」と呼びます。

公衆トイレ論文は、様々な人がソースとして利用しますが、誰も詳しい内容について話しません。誰も読んでないのだと思います。なので読んでみました。

以下、筆者によるセクションごとの要約です。プロの翻訳家ではないので非常に読み苦しいこと、また著作権の都合上図表が貼り付けられないことをご容赦ください。


要約

この論文は、マサチューセッツ州での調査を基に、差別禁止法施行前後で、公共スペースでの性犯罪の刑事事件数に変化がないことを示す。

前書き

ノースカロライナ州でトイレを出生時の性別で使用しなければならないHB2という法律が制定された。同州シャーロット市で性自認通りのトイレに入ることを認めると差別禁止条例が制定されたことを受けてのものだ。HB2は2017年に一部廃止されたが、論争は続いている。今までにこの件に関しての経験的なエビデンスはなかったので、我々はトイレ・更衣室での刑事事件数を調査した。

法的背景

差別禁止法・条例は20州200自治体で制定されている。内容はまちまちである。就職・公共施設利用の差別を禁止する連邦法はない。2015-2016年には性自認に基づくトイレ使用を禁止する法案が増加した。学校で性自認に合ったトイレ使用を求める訴訟など、係争中の案件は多数ある。

文献の見直し

LGBT排除の政策は、存在しない問題を想定していないか。これらはLGBTを異常者として見ており、反論も多い。トランスジェンダーに関する政策は、正の面と負の面を評価することが必要だ。我々は「トランスジェンダーがトイレを利用する政策に負の面があるのか」を問う。この調査は、性自認に基づくトイレ利用が犯罪率を「変えない」「減少させる」「増加させる」のいずれかを検証する。

手法

性自認による公共施設利用の差別禁止法(以下GIPANDOsと呼ぶ)のある自治体、ない自治体におけるトイレ、更衣室での犯罪報告数を比較する。マサチューセッツ州の自治体を分析対象として選択した。マサチューセッツ州は性自認による差別は禁止されているが、公共施設利用に関しては対象外であったことが理由だ。
犯罪数は時間と場所によりゆらぎがある。マッチドペア分析と差分の差分法を使い、比較を可能にする。
マサチューセッツ州にはGIPANDOsが施行されたいる自治体が7つある(ボストン2002年、メッドフォード2014年など)。これらと条件の似ている自治体を比較対象とし、マッチドペア分析を行った。
なおマサチューセッツ州では2016年に公共施設利用差別禁止の州法が成立したが、本調査はこの時期の前後が調査対象となっていない。

データ

マサチューセッツ州のGIPANDOsが施行されている全自治体、対照群の自治体に、2回に渡り公的記録を請求した。請求範囲は、差別禁止法施行前後の1-2年である。1回目は「公衆トイレ、更衣室でのすべての犯罪の告訴の記録」として請求した。犯罪の大半は破壊行為と薬物使用であった。そこで2回目はさらに「犯罪のうち殺人、暴行、レイプ、痴漢、のぞき、公然猥褻」に絞って請求した。十分なデータが得られない自治体もあった。データはすべて人口十万人あたりの件数に正規化した。

解析と結果

GIPANDOsが制定される前後の年平均犯罪率を対照群と比較したところ、統計学的に有意ではなかった。有意でないのはサンプル数が少なすぎるからとも言えるが、仮にマッチドペアを50に増やしたとしても、優位な差はないだろう。
制定前後2年分の、GIPANDOs群と対照群の犯罪率の差のグラフを見ると、施行後10〜20ヶ月後に数字の増加が見られるが、この間GIPANDOs群の犯罪率増加は一定である。

議論

差別禁止法に反対する人々はトイレでの安全確保を理由にするが、GIPANDOsの施行前後の犯罪統計を取った調査はこれまでになかった。我々はGIPANDOsが犯罪率を「変えない」ことを支持する。

制限

この調査にはデータ源による制限がある。一つは、データとして警察の犯罪記録を使っていることだ。この記録は信頼できるものの、報告されていない事件は含まれていない。性的暴行については30-35%しか報告がないという調査もある。しかし我々は調査手法により、報告されていない事件についてもコントロールするようにした。
シスジェンダーかトランスジェンダーのどちらが起こした犯罪なのかも区別できないが、問題にはならないだろう。
もう一つ重要なのは、公共スペースでの犯罪率は極めて低かったことだ。数が少ないため、統計解析には制限がある。しかし、マッチドペア分析を行ったことで欠点が補われたはずだ。
また、自治体によって犯罪記録の詳細に差があった。GIPANDOs群よりも対照群の自治外のほうが詳細なデータが得られた。しかし、差分の差分法によってバイアスを払拭した。
このような制限はあるものの、調査により犯罪は公共スペースでは滅多に起こらず、差別禁止法と関連のないことが示された。

結論

差別禁止法施行前後で公共スペースでの刑事事件の増加は見られない。


論文の雰囲気だけでも伝えられたでしょうか。マサチューセッツ州を対象とした、犯罪記録ベースのそれなりに長い期間をかけた調査です。データから推測できる結論としては正しいと考えます。データに信頼性があれば。

 

狭い調査範囲

論文自体でも認めているように、この論文にはいくつも欠点があります。

まず、この調査はマサチューセッツ州の7自治体+比較群だけの調査結果であるということです。マサチューセッツ州は人口654万、人口がアメリカの3分の1程度の日本で考えると、世田谷区と練馬区と大田区を合わせたくらい(228万人)に匹敵します。その中で、GIPANDOsの制定されている都市はボストン(68万人)、メドフォード(5.8万人)、メルローズ(2.8万人)、ニュートン(8.9万人)、セイラム(4.3万人)、サマーヴィル(8.1万人)、スワンプスコット(1.5万人)で合計99.4万人です。そもそも7自治体の人口の差がありすぎて、ボストン以外のデータは信頼できません。

論文には明記されていませんが、単純に全都市の犯罪率を足し合わせて10万人当たりの数を求めたのなら、これはマサチューセッツ州ですらなく、ボストンの調査にすぎません。ボストンと人口規模・人口密度がほぼ同じなのは典型的な首都圏郊外型都市の埼玉県上尾市(22万人)です。上尾市の調査は世界に通用するでしょうか(上尾市にお住みの方ごめんなさい)。

せめて2016年にマサチューセッツ州全体で差別禁止法が制定された前後で比較できたらもっとまともな調査になったろうと思います。

 

少ないサンプル数

犯罪記録のサンプル数が非常に少ないことも論文内で認められています。事実、GIPANDOsに制定されいる都市では、人口10万人当たり0件だった、というデータすらあります。トイレでの犯罪自体がないんだから、反対派は心配しなくていいという解釈もできますが、統計としては不十分と言わざるを得ません。

 

日本とアメリカのトイレ事情の違い

日本とアメリカではトイレ事情が違います。アメリカでは昔トイレで犯罪が多発したため、扉の下側に大きい隙間があり、犯罪を行いにくくなっています。

参考1

参考2

トイレは主に商業施設内にあり、お金を払って入る場所であるという認識があるようです。

参考3

参考4 公衆トイレは25セントかかる

お金を払うか、隙間の大きい扉を選ぶかしかないのなら、犯罪数が少なくて当然ですね。そもそもトイレでの犯罪調査には実効性があったのかが疑われます。アメリカでは犯罪が少なくてよかったね、という話になるかもしれません。

 

刑事事件数がカウントされている

最大の問題は、これも論文で指摘されている通り、刑事事件数をカウントしていることです。性犯罪を刑事事件にするのは非常にハードルが高いです。論文に記載のある数値を使ったとしても実際は3倍程度の犯罪が発生していたということになります。本文では調査方法でカバーしたという苦しい言い訳が使われています。余談ですが日本での性犯罪申告率は18.5%です。この後、さらに半数以上が不起訴となります。

 

結論

以上より、公衆トイレ論文で行われた調査は極めて狭い範囲であり、サンプルの数も少なく質も信用できず、到底信頼できる調査ではありません。また犯罪が行いやすい日本のトイレとは事情が違うので、手放しで日本に適用するのは間違いです。黄門様の印籠のごとくこのデータを使って人を黙らせる人間を私は信頼しません。

 

補足

当たり前といえば当たり前なのですが、この論文の作者Amira Hasenbushはトランスアライ弁護士、Andrew R. FloresJody L. HermanはいずれもLGBT研究家、トランス活動家であることを付け加えておきます。

また、この論文の被引用数は1件です。


氏の変更

今日、家庭裁判所から氏の変更許可が下りた。

今の氏は前妻の氏だ。離婚前、両親と前妻は関係が悪く、前妻はぼくと両親との関係性を断つため、戸籍法77条の2の届を出すことを命じた。そんな経緯があるので、家族と和解し、伴侶と子をもうけた今、氏は変更しなければならなかった。

調べてみると氏の変更は難しそうだった。

 やむを得ない事情によって,戸籍の氏を変更するには,家庭裁判所の許可が必要です。
やむを得ない事情とは,氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合をいうとされています。

「やむを得ない事情」「社会生活において著しい支障をきたす場合」という言葉が、手続きに踏み出す気持ちを遠ざけた。

氏を変更しようと考えてから2年ほど経ち、やはり変更しなければいけないと考え、ダメもとで手続きに踏み出した。はじめに「認められない場合もありますよ」と脅されたが、「婚姻前の氏を称する」場合はたいてい認められるとわかり、安堵した。

生年から現在までの戸籍を取得する必要があった、戸籍が散らばっていたので苦労した。戸籍を提出したら、次は事情を説明する書類に記入し、1か月後に裁判所に出頭するように言われた。

今日家庭裁判所に出頭して、裁判所職員さんに上記の事情を説明した。前妻との関係性を訊かれるので疲れた。職員さんには苦労しましたねと言われた。裁判官には会っていないが、数十分後に裁判官から氏の変更許可が下りた。ただし完全に許可されたわけではなく、2週間後に正式に確定するそうだ。おそらく、官報あたりに公告され、2週間以内に異議を申し立てることができるのだろう。

許可の審判書謄本と確定証明書を役所に提出すれば氏の変更が戸籍に登録される。戸籍謄本があれば、本籍地ではなく住民登録地での手続きも可能だそうだ。本籍地は離れたところにあるので助かった。

ぼくの氏は旧姓→前妻の氏→旧姓の順で変わって元に戻ったことになる。職場に伝えないといけないが、今の職場は旧姓の時からいるので、何らか事情を聴かれるだろうな。

 

10/3

と一部同じ内容ですが、書き直しました。


10/13

10/11

コメント欄に変なのが沸いたので返信を考えていた。

萌え絵は昭和のエロが平成のエロにシフトしたものなんだな。実写のエロから絵のエロへ。絵を描けばいいだけなんだからよりお手軽で消費しやすく、かつ性的表現を限度なく入れられる結晶として生み出されたものだった。ギャルゲーが例外なく女を並べたカタログになっているのを見よ。うわっ書いててひどいなあと思った。で、エロを方便で塗り固めた萌えで育った今のおっさんたちは、数十年にわたる射精という現実を必死で隠すために、萌えを擁護するわけだ。

いま萌えが氾濫しているのは、ギャルゲもアニメもラノベもハーレム漫画も、萌えで育って働いて金が溜まった30代~40代がターゲットだから。「若い人は萌えに抵抗ない」という意見をよく見るが、若い子に接している実感としては萌え系に興味ある人はぼくらが中高生のときより明らかに少ない。オタクの数は減った。2018年ギャルゲーおすすめを見てみたが葉鍵の昔の作品ばっかやん。つまりプレイヤーはいい年したおっさんばっかやん。老害はおっさんたちの方だ。

参考

っていうか単なるアニメ絵だったら文句言いませんよ。表現はのっぺりしていてつまらないがただの可愛い絵じゃん。問題になったキズナアイは足の付け根も臀部も強調されてるし明らかに性的要因入ってるじゃんか。「キズナアイ エロい」で検索してみよ。


10/11

http://koshian.hateblo.jp/entry/2018/10/09/184510

を読んだ。オタクをおっさんになってもこじらせているって怖いと思った。

歴史は個人的なものだ。客観的に正しい歴史などない。なので主観的な歴史を書く。タイトル絵になっているkanonは、ぼくが高校生の時に流行っていた葉鍵系と言われるギャルゲーの金字塔だった。周りはみんなやってた。ぼくは友人にBGMのリミックスを依頼されゲームをプレイしないまま音楽だけ聴いてCDを作り、名古屋の同人誌即売会で売った。完売して1万円の利益が出た。それくらい流行っていた。

葉鍵系はLeafとKeyというメーカーが作ったいわゆる「泣きゲー」と言われるジャンルで、2000年前後に大ヒットして「萌え」の普及に一役買った。秋葉原がオタク街になったのもこいつらのせいだ。泣きゲーでは、主人公がヒロインとセックスした後ヒロインが死んだり死にかけたり逆に主人公が世界から忘れ去られたりする。つまりプレイヤーに幸福感に続けて消失感を味わせることで泣かせトラウマを植え付けるという恐ろしいゲームだ。なおかつすべて学園モノであり、学校生活でうだつの上がらないプレイヤーはゲームに理想郷を見出し、耽溺していった。男子高校生のネット上の口癖で多いのは「うぐぅ」「あははー」「了承」etcであった。当時の男子高校生はビジュアルノベルこそが文学だと信じていた。

彼らは得られないセックスの補償として、泣きゲーを求めた。泣きゲーの主人公はもれなくやる気がなく、わけのわからん冗談を言ってヒロインを困らせる。でも嫌われない。意味なくモテる。常に女が何人もいる。適当に話しかけていれば仲良くなってセックスできる。ああそんな日常を俺も送りたい!萌えとは得られないセックスの結晶だった。直接的な欲求に基づいていた。「ああ○○ちゃん!」と言ってオナニーしている人間は多かった。当時発行された大量の18禁同人誌が欲望の大きさを物語っている。

(現代のライトノベルも主人公がやれやれ系でやる気ないし女はいっぱい寄ってくるし、ほぼ同じ論理で成り立っているだろう。20年間何も変わっていない。変わったのは表紙の女の子の性的アピールが露骨になったことくらいだ。実に直接的だ。)

高校生時代ぼくはゲームと同じ男子高校生がプレイしている様子を見ていたので、萌えは今まさに送っているつまらない高校生活の補償として機能していた。ところが、最近の萌え論争を見ていると、どうもいい年した30~50代の大人が全く同じ論理で萌えを語っているようだ。つまり彼らは灰色の青春時代を悔い、何十年もやり直しているということだ。

何十年も経てば過去は結晶化され、理想化される。彼らの萌えを語る論調は変質し、「萌え」は「エロ」と切り離される、という主張が生まれた。ここ数週間の論争を見る限り、「萌え」は「エロ」みたいな汚らわしいものとは違うもっと神聖なものだ、と信じている人は、多数いるらしい。馬鹿じゃないの。

高校生時代を思い出してほしい。お前は何回○○でオナニーした?

 

以上を踏まえて、

なにやら近年、「萌え絵」をポルノだと認識してるおかしな弁護士だの社会学者だの大学教授だのが跳梁跋扈している。

ポルノだよばーか

そもそもオタクというのはある種のクィアであった。

家父長制ど真ん中だよバーカ

誰もが経験したことはあるのではないか。猫の異様にかわいい仕草をみてしまったとき、犬のつぶらな瞳に見つめられたとき、子供の無邪気な姿を目の当たりにしたとき、壁に頭を打ち付けたくなるような激しい情動を覚えたことはあるのではないか。

そう、それが「萌え」である。

月宮あゆと犬子供が同列!?バカも休み休み言えよ

いのまたむつみ出渕裕結城信輝を経ておそらくはこうしたアールヌーヴォーのスタイルの影響を竹井正樹らにも与えたであろう。同様にミュシャの影響が色濃く見えるCLAMPの漫画作品らの大ブームもあって、「萌え絵」はアールヌーヴォーの影響を強く受けて成立してることは想像に難くない。

それはあなたがCLAMP好きなだけでは!!????

知らない人にはただの絵にしか見えないそれには、膨大な物語を想起させる情報が織り込まれている。そこにはラノベなりアニメなりエロゲなり、物語を知ってる人でなくては読み取れない情報がある。だからこそただの絵にオタクたちは興奮するのである。

知らねーよ!!!そんな物語知らねーよ!!!!私らに見せないでいいよ!!!!内輪でやってくれよ!!!!!!

スレイヤーズ」で多くの人に知られる白蛇のナーガも、中身を知らなければただの露出狂である。

だろ!!!!だろ!!!!!露出狂見せるのほんとやめてくれよ!!!!!

 

以上です。


10/6

東京に出張した。一日中移動ばかりで疲れた。

現代文のマーク式基礎問題集を買った。古文と漢文も必要か?

東北大オープン模試の添削をした。理解を問うというよりも満点を阻むクソ問が多かった。受験生は大変だ。


10/5

国語を教えるの難しい。まずはなぜその解答にたどり着いたのか、ほかの選択肢はなぜダメなのかを全部言わせてみることにした。語彙力は大事。

これなかなかよい。漢字、熟語、慣用表現、文法、文学史、古漢単語文法などがぜんぶセットになっている。


10/4

ベルク問題、キズナアイ問題に共通しているのは、親しみのあるものを批判するやつは許せない、という人間が多いことだ。ベルクに通っているから、萌え絵に親しんでいるから、擁護のバイアスがかかる。擁護のバイアスがかかるのは、ベルクや萌え絵を自分の一部だと勘違いしているからだ。だから批判されると自分が批判されたように勘違いする。それはお前ではないよ。

キズナアイ問題は根が深い。問題視する人間を「うるせー」と感じる人間が多すぎるからだ。上で萌え絵と描いたが萌え絵であることよりも、女性が聞き役に徹する、しかもアホの子として、劣った立場で聞き役に回されることが問題だ。「うるせー」と感じる人間はこの状況をごく自然なものとして受け取っているので、これは社会全体の圧力としてみてよい。せっかくNHKが報道してるんだからプリキュアみたいに女の子に夢を与えてくれよ。公式が性別不明と言っている?バカは議論を薄めないでくれ。


10/3

昨日、家庭裁判所に氏の変更許可の申立をした。

氏の変更許可

「やむを得ない事情によって,戸籍の氏を変更するには,家庭裁判所の許可が必要です。
やむを得ない事情とは,氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合をいうとされています。」

と書いてあり、ハードルが高そうなので敬遠していた。しかし、申立をしてみたところ「婚姻前の氏を称する」場合はたいてい認められるらしい。

自分は離婚時に、婚姻中の氏を称する手続きをわざわざ行って、前配偶者の氏を名乗っていた。理由は両親と仲が悪かったためで、両親と和解した今では理由がなくなってしまった。子供も生まれた今では前配偶者の氏を名乗るのも変な話だ。

http://www.courts.go.jp/vcms_lf/280614ujinohennkou.pdf

成年から現在までの戸籍を入手し、1000円程度の切手(裁判所によって異なる)、800円の収入印紙をゲットして上の書式に必要事項を記入する。記入は30分くらいでできる。家庭裁判所に提出して形式チェックをしてもらって、おわり。

一か月後くらいに裁判所から呼び出しがかかって、事情を訊かれるそうだ。忙しさにかまけて後回しにしていたが、もっと早くすればよかった。