書籍レビュー:『ファインマン物理学を読む 力学と熱力学を中心として』著:竹内薫

★★★☆☆

生徒さんに面白い物理の授業をしたいのでファインマン物理学を読みたいのですが、いきなり読んでも太刀打ちできないだろうから、先に概論を読んでおくことにしました。原書は無料で公開されていますがチャプター1だけ読んだところで時間が無くて続きを読めていませんし。

ファインマン物理学は1冊400ページくらいのものが5冊もある大著です。著者の竹内薫さんは物理学者で、いかにファインマンさんが優れた学者なのかよく分かっています。良い手引書です。ですが、体系だっていないので結局「ファインマンさんはすごいんだぜ!」ということが理解できる、ということが最大の収穫となりました。ほかには

・相対論、量子力学はノリノリで書いているが、磁力については苦しい

・量子コンピュータは面白いらしい(が、肝心の内容については説明が雑でよくわからん)

・エネルギーとは何か、とは、物理学では説明できない

・物理学は実験して測定して理論を裏付けるから、計算が超大事

ということを学びましたが、各トピックの内容がペラいので消化不良です。長いけど5巻セットを読んだ方が満足度が高いだろうと予想されます。

 

もうこのシリーズはお腹いっぱいなので、高いけど買うしかないですね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です