CDレビュー: Miles Davis – Relaxin'(1956)

2015年6月30日 0 投稿者: rokujo

★★★★☆

ジャズの100枚シリーズ16枚目。不動の名作だそうです。マイルス氏は息を大量に使った入魂のトランペット音を出しているアルバムが多いですが、この作品はタイトル通り肩の力が抜けている珍しい演奏です。

1曲目 If I Were Bell が特に優れていると感じました。amazonのレビューを見ると伝説の作品なのですね。印象通りでした。

私はジャズを語る言葉を全然持ちませんので、どこがどう優れていて何がすごいのか描写できませんが、彼らがノリに乗って楽しそうーーに演奏していることはCD越しでも伝わってきます。

 

 

ジャズの他のCDレビューはこちらです。