CDレビュー: Great Pianists of the 20th Century Vol.6 – Claudio Arrau III (CD2)

2015年6月28日 0 投稿者: rokujo

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41MBPD5XECL.jpg

★★★☆☆

1曲目の邦題は「巡礼の年・オーベルマンの谷」。スイスへの旅で感じた印象を曲にしたものです。旅にしては一体何があったのかと思うほどドラマチックで激しい曲ですが、これは「オーベルマン」という小説からヒントを得て、リストが苦悩などを表現した結果であるためです。リストらしく大胆でぶっ飛んだ表現が印象的です。

2曲目以降は、曲は悪くないのですが私がアラウさんの演奏に飽きてしまいました。ポロポロと軽く弾くのはよいのですが、全然胸に染みないのです。この2枚組でアラウさんの演奏は終わりですが、正直他のピアニストに早く変わってほしいとさえ思ってしまいました。ごめんなさい。

Track List:

1 Franz Liszt: Années de Pélerinage Première Année: Suisse: 6 Vallée d’Obermann 14:59
2 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.1 in C 5:48
3 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.2 in A Flat 6:45
4 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.3 in F Minor 2:03
5 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.4 in C Sharp Minor 5:57
6 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.5 in F Minor 2:43
7 Franz Schubert: Moments Musicaux, D.780 – No.6 in A Flat 7:47
8 Claude Debussy: Images, Book2 – 1 Cloches à Travers les Feuilles 5:23
9 Claude Debussy: Images, Book2 – 2 Et la lune Descend sur le Temple qui Fut 6:10
10 Claude Debussy: Images, Book2 – 3 Poissons d’or 4:31
11 Wolfgang Amadeus Mozart: Fantasia in C Minor, KV475 12:59

 

 

クラシックの他のCDレビューはこちらです。