75 Jahre Donaueschinger Musiktage 1921-1996 (CD9) Karl Amadeus Hartmann, Pierre Boulez, Luigi Nono, Iannis Xenakis, Krzysztof Penderecki, György Ligeti

★★★★☆

 2と4がよい。いずれも弦の数で主張を押し通す類の曲で、特に4曲目がタイトル通り”Metastasis(転移)”を表していて気持ち悪くて良い。FF5をプレイしていた時、古代図書館で「64ページ」などの気持ち悪い敵が現れる。あの本の中から飛び出てくるエフェクトが気味悪くて後々まで印象に残っているのだが、あれに近い感じをうけた。

Xenakis: Orchestral Works, Vol.5 – Classical Archives ここで視聴可能。

他は相変わらず意味不明な曲揃いで、そろそろこのシリーズも疲れてきた。

Track List    

  1     
Adagio
Karl Amadeus Hartmann
                
    2     
Polyphonie X, for 18 instruments (withdrawn by composer)
Pierre Boulez
                
    3     
Espressioni (2), for orchestra
Luigi Nono
                
    4     
Metastasis, for 60 musicians (Anastenaria, Part 3)
Iannis Xenakis
                
    5     
Anaklasis, for string orchestra & percussion
Krzysztof Penderecki
                
    6     
Atmosphères, for large orchestra
György Ligeti 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です