Beethoven, Friedrich Gulda(pf): Piano Sonata No. 7-10(CD6)

2014年10月27日 0 投稿者: rokujo

Amazon.co.jp: Ludwig van Beethoven, Horst Stein, Wiener Philharmoniker, Friedrich Gulda : Beethoven: Piano Sonata No. 1-32, Piano Concertos No. 1-5 – 音楽
★★★★★
3枚目。7番で第1楽章の構成が以前と比べて明らかに変わりました。硬さがなくなって、非常にカッコよくなった。ベートーヴェン風演歌の名残をとどめつつも曲想が壮大になるわほんのりとした哀しみも混ぜてくるわ。2楽章もこれでもかというくらい悲壮感を叩きつけてくるし、3楽章の三拍子メヌエットも泣けてくるし。
続く8番は「悲愴」として有名ですね。しょっぱなからマイクの録音レベルをオーバーしてますグルダさん。1楽章の後半はやはり演歌。でもすっごく速い。シンフォニックメタルを感じさせる疾走する悲哀だ。第2楽章は誰でも1度は聞いたことがあるメロディーなんじゃないだろうか。いいですよね。第3楽章も超有名で、ベートーヴェンらしいかっちりしたメロディー。泣き系の王道、王様。これにも運命風メロディーが所々にある。8番はグルダさんの力が入りすぎの感はあるけれど、激情を表現していると思えばまあいいのかな。
次の9番の第1楽章が個人的にはMVPで、冒頭のたった6音のメロディーが天使やら神やら本当にいるんじゃないか?と思わせる文字通り神メロディーだと感じた。ベートーヴェンすげぇ。悲愴の陰に隠れて超マイナー曲なんだろうなぁ。時と場所と音階を変えて4回くらい登場するこのメロディー、聞くたびにざわざわっとする。曲自体は練習曲めいているところがあるのでグルダさんの演奏と混じることで奇跡の化学反応を起こしたんじゃなかろうか。第2楽章もよいです。
10番は、第1楽章の極めて柔らかい主題とかわいいメロディーが印象的。同一音6連発本当にかわいいですね。