保険の解約

火災保険を去年の12月に更新したばかりなので、退去日付で解約した。2年契約なので、2/3ほど帰ってくる予定。
明日は大量の新聞・紙ゴミを捨てる。不要なのによくもまあこんなに取っておいたものだ。段ボール2杯分くらいありそうだ。
明日を逃すともう引っ越しまで1回しか回収がない。紙ゴミの回収は1月に2回しかない。日常でも不便だったけれど、引っ越しの時はもっと不便だ。ビンごみは月に1回だから、もう回収はない。毎日インスタントコーヒーを飲んでどんどん増える空きビンは引っ越し先に持っていってそこで捨てることにした。東京は何でも最低週1回は回収してくれるので助かる。


二帖

新居の部屋の使い方を考えている。3LDKが3SLDKになり、若干広くなる。今仕事をしている六畳の部屋は、使い方を失敗した。本を大量に詰め込んだものの、廊下側で冬に湿気る部屋で、しかも風の通りが悪い。そのため、一部の本がカビてしまった。新居ではカビ対策をしないといけない。
で、新居では3SLDKのSが仕事部屋になりそうだ。六畳から二畳になる。狭いけれど、PC1台あれば事足りるので、一畳でもやっていけるくらいだ。幸い窓もあるし、暗くふさぎ込むこともないだろう。


田舎の欠点

昨日、腹立たしい出来事があった。
2月から下の子2人がある書道会の教室に通っていた。もう引っ越すので昨日が最後のレッスンとなった。この教室は、この界隈では有名なとある書家が会長の書道会で、西湘地域ではそこそこ大きな会だった。こどもたちを見てくれる先生はご高齢の女性で、その会長の奥さんだった。
月に1度会報が発行され、級位・段位別の順位が掲載される。その会報によると、どうも会長はごく最近に亡くなったらしく、会長は別の人に変わっていた。
最後のレッスンのとき、先生が「ちょっとひどいわよねぇ」とこどもたちに話しかけた。なんと、一番下の子の順位が不当に下げられたというのだ。先の新会長が「これは大人が手伝って書いたに違いない」と言いがかりをつけたという。もちろんそんなはずはない。先生も抗議したという。
手前味噌だが一番下の子の字は書道を初めて3か月なのに上手い。今回の課題は「は」だったのだが、見事な太く力強い字なのだ。その字が、何故か下から数えたほうが早い順位に落とされている。一番になった人の字は会報に写真で掲載される。のだが、その「は」は下手だった。曲がっているし、細くひょろひょろだった。ちなみに会長の娘はなぜかいつも1位で、必ず写真が掲載されている。今回の字は一人だけかすれていて、決して上手ではない。
こんなことがあると、田舎がますます嫌になる。異質なもの、脅威と感じたものをすぐに排除する。曇りの無い目で見ようとしない。先生はいい人だったのに、最後の最後でケチがついてしまった。
妻がこの気持ちを最も表現できる言葉がなにか探していた。
「バカヤロウ」
この5年間数々の習い事をこどもにさせてきたが、どれも見学だけでやめてしまったり、長続きせずすぐやめてしまっていた。いずれも理由は「他のこどもが騒ぐ、ふざける、真面目に取り組まない」。毎日富士山が見えるし海も近いし景色はいいのにね。人間が悪い。


ラジオ

聞く力が足りないのでラジオを聴こうと思い立った。ラジオを録音するソフトとしてradikaがある。4月からradikoの仕様が変わって、一部のファイルを変更しないと再生も録音もできなくなったが、このソフトは非常に便利で、番組表をゲットして簡単に予約録音ができる。多重録音も可能だ。
早速、1週間分の気になる番組を全部録音した。合計30時間くらいあるのではと思われる。好きな番組ができたら、毎週録ってみよう。
また、GetAsfStreamを使えば、海外のラジオ番組も予約録音できる。これは番組表や時差と照らし合わせる必要があるので少々面倒だが、Clover.FMと組み合わせれば全世界のラジオの視聴と録音ができる。好きな放送局を選んだらページのソースを見て、mms://で始まるアドレスをGetAsfStreamにコピペしてやればよい。これで音声教材には困らなさそうだ。


戦力外通告

引っ越しの準備もたけなわ、段ボールがみるみる積みあがっていく。その数20個程度。毎回引っ越しに100個ほど使うので、これで1/5程度か。
しかし私は、荷造りをしていない。なぜか。
数日前、段ボールが来る前に本棚の掃除をしていた。ホコリを拭いておけば、あとは詰めるだけですむから。ところが、どれだけ注意力がないのか、部屋の隅っこの本棚がカビまるけなのを見逃してしまったり、本を拭いて戻す時に数冊角を曲げてしまったりしていた。
このためお叱りを受け、荷造り担当から外されることになった。


出勤

1か月に1回の東京への出勤日。今日は土曜なので、平日と小田急の客層が違う。平日は都心へ向かうリーマンばかりだが、今日は学生風ばかり。社内でスマホを見てる人の率が20%→40%と大幅に増える。本を読んでいる人の率は30%→10%に大幅ダウン。でも一番多いのは、寝てる人。
1時間半程度電車で過ごした後、職場まで徒歩25分。長距離通勤するのは、今日が最後となる。


特別支援相談室4日目、引っ越し準備1日目

今日は午後から特別支援相談室に子供たちが通った。
一番下の子の、体の動きの発達が遅いので、今日は作業療法士さんに2時間もみっちり体を動かす遊びをしていただいたそうだ。
自治体にはお金がなく、作業療法士さんはボランティアとのこと。


毎日仕事をしている六帖の部屋は、物置と書庫も兼ねている。5年経つうちに、床の足の踏み場がなくなるほど散らかってしまった。この部屋に引っ越しの荷物を詰めることになるので、片付けないといけない。今日は足の踏み場を作って、段ボールをいくつかおけるようなスペースを作った。


今日も残業

やっと残業が終わった!昨日今日と、労働時間が12時間だ。それも、自宅作業なので集中して12時間ではなく、家事や用事などの時間が入るので一日まんべんなく労働することになり、疲れる。
本日、引っ越し業者が見積もりにやってきた。価格は税込みで20万程度。2トン車+3トン車になるそうだ。距離が80kmくらいあること、祝日であることから考えて、妥当な値段か。いままで11万や15万でやってくれた業者もあったけど、約束の時間を3時間遅れて深夜までかかったり、トラック2台のはずが1台になって人員も半分、2往復して時間が2倍かかった、など散々な目にあったことばかりなので、安かろう悪かろうなのだろう。
1日で引っ越しをせず、2日に分けると何故か2万円安くしてくれるという。2日に分けたほうが人件費がかかるのでは、と尋ねたら、1日目は他の現場からやってきて、2日目は引っ越し後に他の現場に行くのだという。あちらは2日で3件の引っ越しができ、こちらは安く上がる。どちらも得をする、ということだそうだ。でも3件作業をする人たちは大変だよな。