正義

人間は自己の正当化に大きなエネルギーを注ぐ。自己保存、自己防衛のためだ。誰だってアイデンティティがぐらつくのを好きではない。安心して平穏な日常を送りたい。
正当化には種々の方法がある。よく見られるのが、自らに権威を与えることだ。「世界一になれば他人が文句を言わなくなる」「教授であるこの私の判断が間違っているわけがない」など。虚栄心とセットになることが多い。外面的な鎧をまとって内面を隠し、権威の威光によって相手の目を曇らせる。大抵の人間はひるむが、ときどき中身を見通せる人間(賢人)や権威が見えない人間(バカ)がいるので通用しないこともある。

続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です